外貨預金の始め方 > 外貨預金に使用できる通貨の種類

外貨預金に使用できる通貨の種類

外貨預金で使える通貨の種類というのはいったいどれくらいあるのでしょうか?

国内にある金融機関や海外銀行の日本支店などで扱っている外貨預金通貨の種類には本当に様々な通貨が取り扱われています。

一般的なものと言ったらやっぱり「米国ドル」ではないでしょうか。

また近年新しく出た「ユーロ(ヨーロッパ)」なども一般的になっています。

また以下のような通貨も扱われているようです。

・イギリスのポンド
・ニュージーランドドル
・オーストラリアドル
・スイスのフラン
・香港ドル
・タイバーツ
・韓国のウォン
・中国の元

まだまだたくさんあると思います。

外貨預金を行なう上で重要なポイントとなるのは対象とする通貨の世界への流通量なのではないかと思います。

もし流通量が多い通貨であれば、その通貨に対する情報というのはかなり豊富に取り扱われているところが多いです。

そのため、為替レートなど動向を見極めやすいというメリットがあるのではないかと思います。また為替相場の安定も比較的見込めやすいのではないかと思います。

逆に世界への流通量が少ない通貨については為替レートが増減する可能性が比較的高くて不安定な状況になると思います。

また銀行でそういった通貨が取り扱われるために手数料も高い場合があります。その辺も見越して通貨の種類を選択する必要がありそうです。

そういったデメリットを考えて、最初に外貨預金をするのであれば「米国ドル」や「ユーロ」など比較的流通量が多い通貨を選択するのがいいのではないかと思います。