外貨預金の始め方 > 外貨預金の種類は何を選択すればいいのでしょうか?

外貨預金の種類は何を選択すればいいのでしょうか?

外貨預金を選択する際のポイントですが、どの預金種類を選べばいいのかって言うのがものすごく大きなポイントとなります。

まず外貨預金の種類にはどんなものがあるのかと言うと、日本の預金種類と同じなのですが、「普通預金」と言うお金の出し入れが自由な預金があります。

次に「定期預金」という預け入れ期間が一定の期間設けられていて、その期間の出し入れには制限がついてしまいますが、その分高金利で利用できる預金があります。

また「積立型定期預金」と言う、毎月定期的に決まった金額を積み立てていくという預金もあります。

定期預金に関しては預け入れる期間が長ければ長いほど金利も高くなるというメリットがあります。

外貨預金をする際には運用資金の用途や目的に合わせて預金種類を選択するのがいいと思います。

しかし外貨預金は注意をしなければならない点もあり、高金利だからと言って長期の定期預金に安易に手を出してしまうと危険です。

なぜなら為替相場の変動移管では元本割れを引き起こしてしまう可能性があるからです。

できれば1ヶ月から半年くらいの短期運用で状況を見ながら継続的に運用しまわしていくのが無難ではないかと思います。

また、定期預金の満期日に外貨を円に換金すると思うのですがここにも注意が必要になります。換金する日が円高になっている場合、金利などを入れたとしても元本割れになってしまう可能性があります。
そんな可能性がある場合にはすぐ円に換金しないで外貨を普通預金に預けて円安になる頃を見計らって換金するという方法もあります。