外貨預金の始め方 > 外貨預金で盗難対策

外貨預金で盗難対策

外貨預金の解約は預金をしている名義人本人でなければできないことになっています。これが盗難対策に有効だと人気があるようです。盗難対策とはオレオレ詐欺とかスキミング等の犯罪から守るということを意味しています。

では盗難対策としてどのように外貨預金が利用できるのでしょうか?
まず銀行口座が狙われる犯罪としてよくあるのが、通帳と印鑑を盗まれて預金が引き出されてしまう場合、キャッシュカードが盗まれてスキミングされてしまう場合、暗証番号が分かってしまいATMで引き出しされてしまう場合などが挙げられます。

こういった犯罪行為ですが私たちがいくら気をつけたところで、相手側も手口が巧妙化しているために防ぎきれないというのが現状です。

では、外貨預金での盗難対策には何が有効かといいますと普通預金よりもお金を入れることはあまりないという点が考えられます。また外貨預金は預金名義人本人でなければ解約が出来なかったり、口座を作った支店以外では手続きができなかったりと制限されているため、簡単に引き出すことが出来ないという点において有効ではないかと考えられています。

この犯罪社会になってしまっている日本で自分の身を守れるのは自分しかいないということからある程度の努力はやはり必要なのじゃないかとされています。
資産を増やすという意味もあるかとは思いますが、盗難対策の一環として外貨預金を始めてみるのもお勧めです。