外貨預金の始め方 > 外貨預金は預金保険の対象?

外貨預金は預金保険の対象?

国内の金融機関を利用して日本円で預ける預金には保険がかけられているのはご存知でしょうか?

これは何の保険かと言うと「預金保険制度」と言って万が一預け入れをしている銀行が破綻してしまった場合、金融機関によっては預金等の払い戻しが全額、または一部できなくなるケースがあります。

こういった場合に預金者をその状況から保護する制度と言うことになります。

この保険制度を運用しているのが「預金保険機構」というところで、預金保険法に基づいて制度を運営しているものだそうです。

ただしこの保険制度を外貨預金に適用することはできません。とても残念な話だと思います。

あくまでも円で預金をしていると言うことが前提になるのかもしれません。

しかし、万が一金融機関が破綻してしまった場合、預金額に対する補償額と言うのはその金融機関に依存されてしまうと言うことになるのです。

全額負担してもらえるかもしれないし、一部しか返金してもらえないかもしれないし、最悪の場合はゼロという可能性だってあるかもしれません。

ですからこんな状態やリスクを回避するためにも外貨預金をする際の金融機関選びがとても重要になります。

例えばこういった金融機関の格付けを行っている会社があるようなのでそこにでている格付けを比較してみると言うのもいいですし、各金融機関の財務内容を公開している情報を利用してみるのも判断材料になるのではないかと思います。
自分たちの考えに依存されてしまうと言うことになりますね。