外貨預金の始め方 > 外貨預金を始めるにあたって

外貨預金を始めるにあたって

日本の低金利時代に対抗して新しい資産運用の方法として注目を浴びているのが「外貨預金」という商品です。

初心者から熟練者まで幅広い年齢層に利用されているものですが、初心者の方って外貨預金がどういうものなのか分かりませんよね。

そこで下記に「外貨預金」について説明してみたいと思いますので参考にしてみてください。

外貨預金とは、簡単に言うと日本の「円」をアメリカの「ドル」やヨーロッパの「ユーロ」など外国通貨に換金してそれを預金することを指しています。

外貨預金の仕組みは日本の預金と同様の仕組みで「普通預金」「定期預金」「貯蓄預金」にお金を預けます。

それには金利ももちろん付きます。普通預金というのは特徴としてはお金の出し入れが自由にできるものです。

定期預金は期限を決めてお金を預けるといった商品で比較的高金利です。

期限以前にお金を引き出したり、解約できなかったりというデメリットがあるといった点も日本の定期預金と同じと言えるでしょう。

貯蓄預金はお金の出し入れに制限が少し設けてあるだけで基本的には自由です。

ただし金利は普通預金と定期預金の間に位置するものです。

現在日本でいくら預金をしても金利が低いために、あまり意味がありません。

ですから少しでも効率的に資産を運用したいという人にとってこの外貨預金の高金利というのはとても魅力的だということになります。また高金利だけではなくて為替レート次第では為替差益を期待することも可能です。