外貨預金の始め方 > 外貨預金とは

外貨預金とは

外貨預金ってどういったものかご存知でしょうか?

外貨預金と言うのは「ドル」や「ユーロ」など外国通貨で預金をすることを指しています。

預金はもちろん利息も外貨で受けとるようになります。

「ドル」「ユーロ」だけではなくてさまざまな通貨での預金が可能なようです。

どの通貨で取引するかによって金利・預け入れ・引き出しにかかる手数料が異なります。

いろいろな通貨で預金ができるとなると何を選択していいのかわからなくなりますよね。

何かポイントやヒントなどがあればいいですね。

例えば通貨によって金利や預け入れなどにかかる手数料が異なってきますので、そういったことを通貨ごとに比較してもいいでしょう。

また、今までの為替の動向をチェックして上がり下がりがあまりなく安定しているものを選んだり、円安になりやすい通貨を選んだりするのもいいと思います。

また、そういって調べて選ぶのもいいですがシンプルな方法として通貨自体に馴染みがあるとか、好きな国の通貨とか選ぶのもありです。

また将来海外旅行に行く計画をしているから、そのために預金すると言うのもいいですね。

ではなぜ通貨によって金利が違うのでしょうか?
外貨預金での金利を決めるのはその国の金利水準に依存します。金利水準は各国の経済情勢によって異なります。ですから円金利の水準とは違うようになってしまうのです。

例えばの話ですが円金利の水準が低いとします。こういった場合、外貨の金利水準が高い場合が多いです。ですから、こういった状況の場合には外貨預金は魅力を増すことになります。