外貨預金の始め方 > 明日からできる外貨預金

明日からできる外貨預金

外貨預金というのはどこでできる預金なのでしょうか?知っていますか?預金というからにはきっと銀行なのでしょう。

ということで、もし外貨預金に興味があり、始めてみたいなと感じているようだったらとりあえず銀行にいってみましょう。

まず外貨預金を行うためには、銀行で口座を開く必要があります。

口座を開くときには郵送でも可能ですが、早く処理するのであればやはり銀行の窓口に直接行った方がいいのではないかと思います。

口座を開くときに必要なのは印鑑と、身分証明書、少しでもいいのでお金を持参すれば口座が開けます。

外貨預金をする場合、未成年では口座が開けない場合も多いと思うので実際に聞いてみてはいかがでしょうか。

また口座開設をした本人以外は外貨預金の取引ができないようになっていますので予め了承しておかなければなりません。

なぜ未成年は駄目なの?とかなぜ口座開設した人じゃないと駄目なの?と思うでしょうが外貨預金というのは為替リスクとういのが存在し、元本保証された商品ではないからです。

ですから元本割れを起こしてしまう可能性もありますので、自己責任というのが非常に重要視されるようになってくるのです。

でも、一度契約をしてしまうと、インターネットでも電話でもできるようになりますし、取引もATMで直接できるようになりますので簡単に始めることができるようになります。銀行によって多少サービスや手数料などに差が出ると思いますので、窓口で相談してみるなり自分で調べて比較してみるなりしてみてはいかがでしょうか。