外貨預金の始め方 > 外貨預金の為替とは

外貨預金の為替とは

外貨預金をするには為替変動リスクというリスクがあり、これは為替の変動によって生じた為替差損がでてしまう可能性があるリスクになります。

どういったときに感じるリスクかと言うと、預入時の為替相場と引出し時の為替相場が円安になっている場合には為替差益という利益が生じますが、逆に引出し時に円高になっていると為替差損という損失が生じてしまいます。

為替差損が生じてしまうと、預入時の円より受け取り時の円が少なくなってしまうのです。

この「為替変動リスク」を回避するために有効なのが「為替予約」というものです。

これは満期予定日に合わせて外貨を円に切り替える際のレートを予約するというものです。

これにより満期日に受け取れる金額を事前に決定させることができます。

ただしこの為替予約は一度予約を締結させてしまうと解約や、取り消し処理ができませんので注意する必要があります。

為替の相場についてですが、外貨を預け入れるとき、つまり円から外貨に換金するときの為替レートをTTSレートと呼びます。

次に外貨を引き出すとき、つまり外貨から円に換金するときの為替レートをTTBレートと呼びます。

外貨預金で利益を出すには為替差益をだすことが挙げられますが、この為替差益をだすためには引出し時のTTBレートが預入時のTTSレートより高いこと、つまり円安になっていることが条件となります。
逆に円高になってしまうと為替差損が生じて損をしてしまうことになります。